機能矯正

Biobloc バイオブロック

Biobloc stage1 appliance

ステージ1

20000円~

クローザットクラスプ/crozat clasp

歯牙の動揺を引き起こさず正中口蓋縫合を確実に離開させる

クローザットクラスプはCrozat GBにより考案されたCrOzat's Orthodontic Applianceの維持装置です。

バイオブロック装置は可撤式装置でありクローザットクラスプを組み入れたことにより,固定式装置並みの維持力を発揮している。

Biobloc療法ではStage4以外は装置の維持歯は第二乳臼歯でありこれに付与されるクローザットクラスプは装置のアンカーとして歯や骨を動かす。

そのため、装置の強固な維持が必要で、第二乳臼歯の状態がとても重要となります。

ですので治療の開始は第二乳臼歯の生理的な歯根吸収が進行する8歳前(混合歯列期前期)に行う必要があります。

クローザットクラスプには着脱を繰り返すたびに負担がかかり,金属疲労による破断を起こしやすい。

そのため弾性もあり,耐久性の強い矯正ワイヤー(Remaloy/デントラム,またはELGILOY/ロッキーマウンテンモリタ)の使用を推奨する。

ポイント 適応年齢(最適期)を考える

  • 装置の強固な維持には、Eの状態が最重要
  • Stage4以外は装置の維持歯はEである
  • Eの根吸収開始は8歳
  • 特に上顎4と5の位置に注意する

ステージ2

ステージ3

CLEA

渋谷歯科技工所